みなさん、あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。

さて早速ですが、去年の暮れに愛車プジョー306のホイール&タイヤを新調したのでそのことについて書いておこうと思います。

プジョー306には購入時からプジョー206純正の15インチアルミホイールとミシュランエナジーセイバー175/65/R15が装着されていましたが、まだ山はあるものの製造年が古くサイドウォールにもヒビがあるため今回タイヤ交換とこの機会にホイールをインチアップしようと決意しました。

今回購入したのはプジョー206RC純正の17インチホイール。ヤフオクでなんと4本8,500円で落札しました。なかなかにレーシーなホイールです。

第102回 プジョー 206RC【見つけたら即買い!?】

新しいタイヤは「HAIDA HD921」205/40/R17。

DSC_1736.JPG

こちらはなんとAmazonのタイヤ激安王さんにて新品1本3,740円。注文したその日に発送され、翌日午前中に届くというスピード対応でした。聞き慣れないメーカーですが、見た目は意外としっかりしていいて、トレッドパターンもスポーティです。どうせ安い中国製タイヤを買うならばとことん安いのを買ってみようと思い、今回はこちらを選択しました。

通常であれば近所のカー用品店やガソリンスタンドなどに持ち込んで交換してもらうところですが、プジョー/シトロエン純正ホイールには1つそうはいかない難点があります。

ホイールにタイヤを組み替えた時に必ず必要なのが高速走行時にタイヤがブレないようにするためのバランス調整という作業です。通常のホイールであればこのバランス調整を行うためのセンターホールという穴がホイールの中央に開いています。しかしプジョー/シトロエン用のホイールにはそれがありません。なのでプジョーのホイールでバランス調整を行うときは専用のアタッチメントが必要になるのです。そしてこのアタッチメントが高価なのでただでさえ数の少ないフランス車のために置いている店が少ないのです…。

そこで僕が今回駆け込んだのはネットなどで購入したタイヤの持ち込みも歓迎しているタイヤ交換専門店のパーツワンさんの足立店です。こちらのお店はなんとタイヤ組み換え工賃、バランス調整、さらに古いタイヤの廃棄料金も込みで1本1,550円。しかも17インチはキャンペーンで1,350円でした。プジョーのバランス調整用の機材も置いてらっしゃいます。

DSC_1737

電話で予約し、後部座席を倒して新しいタイヤと古いタイヤを積み込みます。驚くべきことに幅205のタイヤが6本縦向きに収まってしまいました。コンパクトな車体に見合わない306の積載力に脱帽です。

そして見事2インチアップしたプジョー306の姿がこちらです。

DSC_1743DSC_1745DSC_1744.JPG

さすがに15インチ→17インチ、タイヤの扁平率は65→40、太さは175→205とかなり大きな変化ですので見た目も大分違って見えます。今までよりもグッと引き締まった印象になりました。一番心配していた乗り心地もそこまで大きな変化はなく若干固くなったかな?という程度。タイヤ幅が太くなったことでグリップ力が増してコーナリング時の安定性が向上したように感じます。ロードノイズも以前より少なくなったように感じます。激安中華タイヤ、侮れません。新しいタイヤで実家まで700kmのロングドライブをしてみましたが、最初はハンドルのブレがやや気になったものの走行するうちに解消されてなめらかになってきました。あと気になるのは耐久性ですが、これは乗っているうちにわかってくるでしょう。

以上、初めてのタイヤ交換のお話でした。


HAIDA(ハイダ) HD921 205/40R17 84W サマータイヤ

広告